ダチョウのカラをご購入いただいた
意匠荻野(経済産業大臣指定伝統的工芸品 桐生織 意匠部門 伝統工芸士)様から、写真とお手紙が届きました!

アトリエすまいる【造形教室】〜ダチョウの卵でランプシェード作り

10月24日に6人の子供たちと約2時間かけてでランプ作りをしました。

卵は硬いので、 最初に電動ドリルで小さな穴を開けておき、
そこから子供たちがペンチを入れて少しずつ割っていき、
好きな形の穴を開けることにしました。

みんな最初はこわごわペンチを使っていましたが、
だんだん慣れてくると
大胆に穴の形を拡げて楽しんでいました。

彩色はアクリル絵の具と水彩顔料マーカーでしましたが、
中には直接指に絵具をつけて塗りこんでいる子もいました。

それぞれの作品と、私の参考作品の7つを集めてLEDライトで点灯しました。
ちょっと早いですが「クリスマスがきたみたい!!」とみんな喜んでいました。

 

ダチョウの卵の殻で、鹿児島県と群馬県がつながり、子供たちが無我夢中で取り組んでいる姿と作品がとてもしっくり合って、見ていて心が温まります。

穴を開け、色をつけ終わって、全部合わせて、ライトアップしたら、大人の雰囲気が出ていますね。

皆様からの作品が届くと、ダチョウを飼っていてよかったと、励みになります。

ありがとうございました。

 

あなたのダチョウの卵の殻の使い道をフクダに教えてくださいね。
写真も送ってくださるとうれしいです!

送って頂いた使い道は、ホームページに掲載させていただきます。
よろしくお願いいたします。

カラの使い道を教える!
 

ダチョウの卵のカラのご案内へ